千葉県税理士政治連盟
税政連
トップページ
税理士と政治活動
組織構成
会長あいさつ
後援会
国会陳情
広報
リンク

 第52回定期大会(書面議決)を終えて
   千葉県税理士政治連盟
会長 江波戸 秀記

 会員の皆様には、日頃より千葉県税理士政治連盟の事業活動にご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 7月14日開催予定の第52回定期大会は、新型コロナウィルス感染拡大防止策の一環から書面議決という形式となりましたが、上程されたすべての議案につきまして賛成多数により可決承認されましたことをご報告いたします。
 なお、お寄せいただきました質問・意見等の詳細については、「第52回定期大会(書面議決)報告」に取りまとめましたのでご確認願います。
 さて、今回のコロナウィルス感染拡大に伴う社会経済への影響は計り知れないものがあり、千葉県においても5月25日には緊急事態宣言が解除されるなど徐々に経済活動等も戻ってきたものの、7月から感染者が急増し、8月に入って全国の新規感染者数は最多を更新するなど、各地で感染拡大が勢いを増しています。
 このような中、政府は総合経済対策を閣議決定し、4月30日に補正予算と経済対策関連法案は成立しました。同時に確定申告期限の延長や総合経済対策の一環として納税猶予制度の特例や欠損金の繰戻しによる還付の特例等の関連法案が成立していますが、リーマン・ショックを上回る甚大な影響が見込まれる状況にあります。
 日税連は5月に「令和3年度税制改正建議」及び「新型コロナウィルス感染症の影響に伴う税制改正建議」を決定し、日税政はその建議を基に税制改正要望をとりまとめました。千葉県税政連は8月4日に千葉県税理士会調査研究部と審議後、「令和3年度税制改正に関する要望」を決定し、その要望実現のために活動を進めていくこととなります。まず、「新型コロナウィルス感染症の影響に伴う税制改正の要望」を、後援会とともに国会議員等に対し陳情を行っていきます。
 また、7月14日から熊本県東部を中心に襲った豪雨は甚大な災害をもたらし、その後、九州のみならず全国的な広がりを見せております。昨年秋の千葉県の台風及び豪雨災害を直接経験した者としては決して他人事とは思えず、今回被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げますとともに一日も早い復興を願うばかりです。
 このように困難な状況が続く中ではありますが、千葉県税政連はWithコロナを踏まえた活動を継続して参りますので、今後とも変わらぬご支援ご協力を賜りますよう切にお願いいたします。

 

 

Copyright©千葉県税理士政治連盟 All rights reserved.